NBA stars -NBAファンサイト-

トリスタン・トンプソンは左利き?ロッドマン並のリバウンド!

トリスタン・トンプソンは左利き?ロッドマン並のリバウンド!

スポンサードリンク

2015年NBAプレイオフを通じてトリスタン・トンプソン
献身的なリバウンドでキャブスに大きく貢献しましたよね。

特にオフェンスリバウンドに強く、彼のNBAキャリアを通じて
1試合平均3.0オフェンスリバウンドを切ったことはありません。

キャブス入りして年々成績をあげてきましたが
ケビン・ラブ加入後、プレイタイムが減少し
スタッツ的に少し低下しましたが、トンプソンの
リバウンドの強さは魅力ですよね。

個人的にはラブよりもトンプソンをスタメンにした方が
良いんじゃないかと思っているんですが…。

今回はトリスタン・トンプソンを紹介したいと思います。


スポンサードリンク

トリスタン・トンプソンのプロフィールやキャリアをチェック!

生年月日:1991年3月13日
国籍:カナダ
出身地:トロント
カレッジ:テキサス大学
身長:206cm
体重:102kg
ウィングスパン:216cm
ポジション:PF
ドラフト:2011年1巡目4位指名(キャバリアーズ)

トリスタン・トンプソン プロフィール

トリスタン・トンプソンの高校時代のバスケキャリアは?

トロントで生まれたトンプソンは地元の高校に通っていましたが
高校2年生の時にアメリカニュージャージー州ニューアークにある
聖ベネディクト高校に転校することを決意します。

トンプソンは聖ベネディクト高校に高校2年生~3年生の途中まで在籍し
その素晴らしい才能で一気に全米トップ選手の仲間入りを果たしました。

しかし聖ベネディクト高校のコーチのコーチングスタイルと折り合いが悪く
高校3年の時、トップランクのマターデイ高校との試合の最中に
コーチと口論になり退場させられてしまいました。

そして後にチームから除名処分を受けてしまいます。

トンプソンはこれを機にテキサス州のフィンドレイ高校に転校し
チームに大きなインパクトを与えます。

彼とチームメイトのコーリー・ジョセフ(スパーズ)の活躍により
フィンドレイ高校は初のナショナルチャンピオンに輝きました。

トンプソンはマクドナルド・オールアメリカンズ
ジョーダンブランド・クラッシック・オールアメリカンにも選出されました。

トリスタン・トンプソン 高校時代

トリスタン・トンプソンのテキサス大学での活躍を動画でチェック!

高校卒業後、テキサス大学に進学したトンプソンは
1年生ながら1試合平均13.1得点、7.8リバウンドを記録。

シーズンを通してチーム最多のリバウンド、ブロックショット、ダブルダブルを記録
FG成功率もチームベストの54.6%をマークし、チームのMVPに選出。

トンプソンはビッグ12の新人王にも輝きました。

トリスタン・トンプソン テキサス大学

NCAAトーナメント終了後、2年生としてテキサス大に戻ると
メディアに話していたトンプソンでしたが、心変わりして
2011年NBAドラフトにエントリーし4位でキャブスから指名
受けることとなります。

それではここでトンプソンのカレッジ時代ハイライト動画を見てみましょう。

トリスタン・トンプソンは左利き?NBA入り後に効き手を変更!

2011年NBAドラフトでキャバリアーズから
全体4位指名を受けNBA入りしたトンプソン。

前出のカレッジ時代の動画を見てもらえれば分かるように
彼はもともと左利きなんです。

カレッジ時代までのキャリア通じてずっと左利きで
プレイしていたにもかかわらず、なんとトンプソンは
プロ入り後に利き手をスイッチしているんですね。

彼の左手のフックショットのうまさには
こういった理由
があったんです。

多くの選手が左右両手を同じように使えるよう努力をしていますが
キャリア半ばで利き手を変えたNBA選手なんて前代未聞ですよね。

それではNBA入り後のトンプソンのハイライト動画をチェックしましょう。

トリスタン・トンプソンが右利きに変わった理由は?

トンプソンはインサイドプレイヤー。

カレッジ時代もリムから距離のあるシュートやフリースローは苦手でした。

テキサス大学でプレイしたシーズン、彼のFT成功率はわずか48.7%

トンプソンは少しでもシュートが上手くなりたいと思い
誰もがトライしない利き手変更にチャレンジしたんです。

彼は利き手変更についてこんなコメントしています。

もちろん最初は利き手変更なんてしたくなかったさ。
でも俺はキャブスの為、自分の為にも自分が到達し得る
ベストなプレイヤーになりたい。
もし利き手を変えることで俺のジャンプシュートが
良くなるんだったら、やらない理由なんてないだろ?

利き手をスイッチしてから2013-14シーズンには
FT成功率が70%近くまで上昇しています

素晴らしい向上心ですよね!

トリスタン・トンプソン 左利き 右利き

トリスタン・トンプソンのリバウンドはデニス・ロッドマン並?

アメリカでも
『トンプソンをロッドマンのナイスガイ版と呼ぶときが来た!』
なんてタイトルの記事があったりと彼のリバウンド能力を
デニス・ロッドマンに例えることがあるようです。

ロッドマンがNBA最終シーズンを過ごしていた時
トンプソンは8歳の子どもでした。

ロッドマンがリーグを去って15年が経ちますが
トンプソンは攻撃的なリバウンダーとして
ロッドマンの後を継ぐ存在になりつつあります。

実際にトンプソンロッドマンのリバウンドを研究し
自身のプレイに活かしているそうです

トリスタン・トンプソン リバウンド ロッドマン

俺はロッドマンのエネルギー溢れる情熱が大好きなんだ。
彼はリバウンドでゲームを変えることが出来る。

俺は可能な限り自分のベストに近づけるように努力している。
それにはハードにプレイすることとリバウンドと獲ることが鍵なんだ。

ロッドマンの試合はよく見るよ。

彼がどうやって試合や相手チームに
インパクトを与えているかを見ているんだ。

そして俺もロッドマンのようにプレイできると感じるし
毎晩チャレンジしているんだ。

ロッドマンの振る舞いとマナーある若者のトンプソンに
共通点があるのか?という問いに対してトンプソンは

本を表紙で判断しないほうが良いよ。

俺がどうやってリバウンドにアプローチしているのか
見てみると分かると思うけど
俺はリバウンドを取るためなら何でもするよ

相手のバランスを崩すためにぶん殴ることだってあるさ。

俺は貪欲なんだ。

と笑顔で応えたそうです。

2015NBAファイナルでもそのリバウンドの強さで
存在感のあったトンプソン。

来シーズン以降もドンドンその才能に磨きをかけていって欲しいですね。

以上、トリスタン・トンプソンについてでした。

最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

コメントお願いします!

*
DigiPress

Return Top